補正予算で2万人分 サ高住

印刷する

5

2015年 12月 28日

管理者

KMCメンバーズクラブ会員募集バナー

市町村意見聴取は先送り

国土交通省は12月21日、サービス付き高齢者向け住宅の整備を後押しするため、補助限度額の増額や要件の緩和を行うと発表した。今月から予定していた市町村への意見聴取は2016年度に先送りした。補正予算として189億円、約2万人分の住宅枠を確保。交付決定は補正予算成立後に行う。
補助金は、1.夫婦型(1戸あたり135万円)2.既存ストック型(150万円)3.それ以外(120万円)4.拠点型(1施設あたり1,200万円)――で、設備や仕様ごとに増額幅に差をつけた。従来は一律100万円(併設施設は1千万円)の補助だった。(『シルバー新報』2015年12月28日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(参考)
国土交通省
平成27年度サービス付き高齢者向け住宅整備事業の緊急募集について

KMCの見解

関連記事

著作権について

  • 本サイトを利用して投稿されたコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含むがこれらに限らない)の権利(著作権及び著作者人格権等の周辺権利)は、コンテンツを創作したお客様に帰属します。
  • 弊社は、前項のコンテンツについて、本サイトの構築、改良、メンテナンス、本サイトに基づくサービスの円滑な運営・提供のため、弊社が必要と判断する範囲において、無償でこれらを使用することができるものとします。(変更、切除、改変等の行為を含みます)
  • お客様は第1項のコンテンツについて、著作者人格権を行使しないものとします。